デューデリ・M&Aのご相談ならベリーベスト法律事務所へ|M&A.jp

お問い合わせフォーム
ベリーベスト法律事務所公式サイトはこちらへ 営業時間 平日9:30〜21:00

M&A・デューデリに関するご相談はベリーベスト法律事務所へ

M&A

「A社を買収したいけれども、一体どこからどう手をつけてよいのかわかりません」
「B社を買収しようと考えていますが、買収後にB社が今までどおりにビジネスを続けられるか不安です」
「C社の株式を譲り受けるのですが、契約書にはどのような条項を盛り込んだらよいのでしょうか?」
「提携先のD社と一緒になればシナジー効果があるけれども、合併がよいでしょうか、それともホールディング会社を作った方がよいでしょうか?」
「E社から買収提案を受けていますが、極力有利な条件で契約したい」

このようなM&A・デューデリをお考えの場合、まずは、ベリーベスト法律事務所M&A無料相談をご利用ください。

 

M&Aとは、Mergers and Acquisitionsの略語です。Merger は「合併」を、Acquisitionは「買収」を意味します。
もっとも、M&Aは、合併や株式の買い取りといった伝統的な方法のみではなく、株式交換、株式移転、会社分割や事業譲渡なども含む意味で用いられています。また、実際には、単純にこれらのうちの一つだけを用いて対象会社を買収するのではなく、これらのうち複数のものを組み合わせて買収を行うことも頻繁に行われます。

M&Aには、事業部門を一から立ち上げるよりも効率よく手に入れることができたり、合併により営業効率を向上させることができるなど多くのメリットを有しています。しかし、買収対象の企業の価値や実情を十分に調査せずに買収を行うと、買収後に、その企業が抱えていた様々な問題が発覚し、思わぬ後悔をすることになります。また、買収に際しては契約書を締結しますが、その際にチェックに抜かりがあると、思わぬ不利な条件での買い取りをさせられていたことに気付き後の祭りということもよくあります。このような事態に陥らずに、M&Aのメリットを享受するにはどうしたらよいのでしょうか。本サイトでは、そのヒントを紹介したいと思います。